メモ

オタク的感想

楠屋敷の物語〜秘密のお帳面〜 敷禰ルート感想

敷禰ルートのネタバレあります!

 あとゲームがR18な性質上、18歳未満の方の閲覧はお控えください。

そういうのが苦手な方もお控えください。

 

 

 

 

なんと言うか……結末への持って行き方が雑というかなんというか。

敷禰はどういうタイミングでヒロインを好きになったんだろうか。「敷禰先生の〇〇のおかげで勉強が頭に入りますわ」的な発言がやっぱりトリガーだったんだろうか。

ヒロインが敷禰を好きになった理由は察しがつくんですが、敷禰→ヒロインの描写はもうちょっとあっても良いんじゃないかなーと。製作費とかそういう都合もあるんだろうが、素直にそう思いました。

 

エロ描写に関しては、R18の乙女ゲームをプレイしたことがないのですが、多分エロいと思います。というかエロいことしか言ってないしやってません。

本当に“抜きゲー”という感じで、「エロいのに泣ける要素があると萎える」という人のニーズに応えるものだと思います。たぶん。

選択肢やヒロインの反応でけっこう笑えたので、最初は楽しめたのですが、中盤〜終盤以降は笑えるポイントも少なく……。

 

敷禰というキャラクターの底の浅さを感じてしまいました。エロはエロのまま保って、もうちょっと敷禰を掘り下げる演出というのはできなかったのでしょうか。

ヒロインの家庭教師だがヒロイン一族と昔から確執があり、ヒロインに性的な手ほどきを施す裏で実はヒロイン一族の持つ権力を奪おうと画策していたーー。

こんなおいしい属性があるにもかかわらず、敷禰のキャラクターが薄っぺらいものに感じられてしまったのは、おそらく上記の属性がすべて他のキャラの口頭のみで説明されてしまったからだと思います。

 

敷禰がなにか企んでいるかもしれない→敷禰を疑うも、敷禰が好きだから彼の言いなりになるヒロイン

 

この間になにかワンクッション、イベントが欲しかったです。

だってその後にすぐ、なんやかんやあって、敷禰が身を呈してヒロインを守る、というイベントが発生するのですから。

いや敷禰さんあんたいつヒロインを好きになったんですか……?

終盤でヒロインに最後の願い事を帳面に書かせる、という場面だって、敷禰が神の力を授かるためにやらせたことですし。

会話の中で、敷禰がヒロインを想っているようなシーンがあったといえばあったように思いますし、そもそも敷禰一族の血に流れる因縁が、ヒロイン一族を愛せない理由になっているのはわかるのですが、

その葛藤自体は全く敷禰からは伝わってきませんでした。

 

ヒロインが攻略キャラを好きになる理由って正直私はどうでもいいと思ってます。

基本的にヒロインは攻略キャラの魅力を引きだたせる駒としか私は思っていません。

攻略キャラを攻略したいと思った時点でプレイヤーにはそのキャラの魅力が伝わっているので、ヒロインが好きになる理由付けは些細なものでいいと。

 

でも敷禰がヒロインを愛す理由がいまいち伝わってこない。

もちろん性的に色々やっちまえば、多少なりとも愛情を抱くようになるとは思うのですが、鬼畜ポジションにいる敷禰がその程度で、自らの命を課すほどヒロインを愛すだろうか?と疑問が浮かびます。

敷禰の心を動かすヒロインの言動は、その純粋で真っ直ぐなところなのはわかりますが、そんくらいで堕ちる敷禰さんチョロ過ぎませんか……?

 

あと、やっぱ挿入シーンが適当な感じなのが……。どうせならSMっぽいシーンがあっても良かったように思うのですが、どうなんでしょうか。

スパンキングってありましたっけ?

 

 

多分このゲームを買う方たちは、もうちょっと過激なエロ描写にも耐性があると勝手に思っているのですが……。

なんか生ぬるい感じがしませんか? 私だけか?

 

手〇ン→オ〇ニー→ク〇ニ→フ〇ラ→素股→挿入(→挿入)

 

だいたいこんなエロシーンだったと思うのですが、挿入は物語の最後の最後でしか無理、となると結構限られてしまいますね。

 

Sキャラとしてもなんか中途半端……?

 

文句ばかり言っていますが、エロシーンはきちんとエロいですし、ヒロインはアホ可愛いくてしかも最後は冴えてるところ見せてくれますし、

ハラハラさせられることなく進むので、安心(?)してプレイできます。

敷禰さんはエロ方面で重宝する鬼畜メガネポジションとしてその役を全うしています。

 

普通に面白かったですよ!

 

次はしょうのすけ→くすちか

で攻略したいですね。