メモ

オタク的感想

スイートクラウン久瀬くん√感想

スイクラの久瀬、密原√のネタバレあります

 

 

 

■スイートクラウン 久瀬くん√

色々抱えているヒロインにド直球に突っ込んでいく久瀬くんは密原くんルートを攻略中にも密かに気になっていたキャラクターだったので、ワクワク半分どんな真相が待ちかまえているのかドキドキで攻略しました。

紅葉を知らない、サンドウィッチを知らない……と来て、記憶喪失か何かだと思っていたのですが、事情はもうちょっと複雑でした。

「生きていたかった」と吐露する久瀬くんの姿は痛々しく悲しく、涙が滲みました。
「生きている」ということは久瀬くんにとってそれだけキラキラしていて、宝物のように感じたんだと思います。
だからヒロインにとって外の世界がどんなに苦しくても、辛くても、「生きている」限り、絶対素晴らしいことがあると信じて、自分は外に出られなくてもいいからヒロインや、生きている人たちを外に出したい。

「生きていたい」「生きてヒロインと一緒にいたい」と、生を渇望し、甘い夢を見るからこそ、ヒロインに「外の世界で生きてもらいたい」と願うその葛藤を感じ、切なくなりました。

書庫で様々な本に触れ、外の世界の知識を蓄えるごとに外の世界へ憧れを持つようになっていったのかなあと考えると叫びたくなるほど切ないですね……。

でも久瀬くんは思った以上に強く逞しく、自分の中にある「確固たるもの」を信じています。歪愛エンドだとそれが「ヒロインと一緒にいること」に置き換わってしまいますが、深愛エンドだと彼は真っ直ぐでひたむきです。
この確固たる意思って、産まれてまもなく、すれていないからなのか、密原宗介の資質なのか。どっちなんでしょうか。
でもヒロインの心も救って、兄である密原くんも救って、久瀬くんはスーパーヒーローだったと思います。
見ていて気持ちが良いキャラでした。
そういえば密原くん√の感想で「殴り合いが見たい」と書きましたが、まさかここで消化されるとは……と思いました(笑)

ただ深愛グッドエンドは、幸せの中に孕む哀愁みたいなのを感じました。
というのも、念願の外の世界に触れイキイキしている久瀬くんに対して、ヒロインは自分の存在意義に不安を感じてしまいそうだと思ったからです。
でもまあ久瀬くんはああいう真っ直ぐな人なので、多分大丈夫だと思いますが!


密原くんルート程のインパクトはなかったのですが、やっぱ久瀬くんは良いキャラでした。

 

 

 

 次は古橋くん!